お知らせ スポーツ ニュース

[応援レポ]世界ミックスカーリング選手権大会2017 日本代表選考会の応援に行ってきました!

更新日:

8月25日〜27日に軽井沢アイスパークで行われた「世界ミックスカーリング選手権大会2017 日本代表選考会」に、応援に行ってきました!…というわけで今日はともともレポをお届けします。

 

 

この大会にはSmile Linksのメンバーでもある、まちこさんこと近藤由利香さんが「チーム広島」の一員として出場されました。文字通り、この大会で優勝した1チームは、10月にスイスで行われる本戦に進むことができます。

近藤由利香選手(まちこさん)

 

まちこさんからお知らせいただいてすぐ、速攻応援行きを決定!!だって、こんなタイミングで試合を見れるだなんて、なかなかないですからね。カーリングは冬のスポーツのイメージが強かったので、この時期に見れるなんて!とも思いました。

 

私にとっては、人生初カーリング試合観戦(これまで見たことがあるのは、オリンピックなどをテレビでONLY)。その上、初軽井沢、初上越北陸新幹線と初物づくし!もう旅の過程からテンションアゲアゲなのはいうまでもありません(笑)(*´ω`*)。

 

 

それはさておき、私は3日間のうちの中日26日に応援にいってきました。新幹線の都合もあり、見れたのは下記の2試合です。

◎チーム盛岡戦
◎オリオン機械戦

 

私は今回ニューカメラ&レンズ持参で応援に行ってきたので、そのとき撮影した写真は、別途まとめてご紹介しようと思います。まずはレポから!

 

これまでなんとなーく…テレビの説明を聞きながら、へーそうなんだ!って感じで見てきたカーリングですが、ナマで見ると戦略、実践、臨機応変対応力、メンタル、いろんなことが必要な競技だなということを感じました。ハードですがおもしろいですね!

 

氷上のチェスと称されるカーリング。確かに戦略が物を言うところはあると思います。が!!当然スポーツですから、自らのコントロールなどでストーンをきちんと持って行かなければなりません。相手の作戦がわかってもその通りにコントロールしてくるかどうか、それによって次の対応も変わってくる。

いろんな想定ができなければならないことを考えると、メンタル大事ですよね、きっと。そうなるとミスや思わぬ失点に心をいつまでも引きずっていたらえらいことになりそうだし、切り替えの力も必要になりますよね。いやーーーすごい。

 

さらに!この対応力は氷に対しても必要になるそうです。
2つの試合の合間に、まちこさんとお話することができたのですが、その際、ストップウォッチで何を計ってるのかをお聞きしてびっくり。

これ、氷の状態を見ているのだそうです。あるラインからラインまで◎秒で通過したらあそこまでストーンがいく…などと読んでいくのだそうです。すごい!!

確かに氷は試合の合間に整備をされますが、試合が進んで行くと状況は刻一刻変わっていくわけです。これもまた醍醐味なのだそうです。なるほど。その他いろいろな見方を教えていただきました。

 

ストーンの位置が微妙なときはこのように計測してどちらの得点になるかを決めます。コンパスみたいでおもしろい。

 

まだ私が知ってるのはほんの入り口の部分ですが、知れば知るほど奥深そうですね。ぜひまた応援にいってみたいと思います^^。みなさんもお近くで機会があればぜひ生観戦にいってみてくださいね。

 

ちなみに今回見た2試合とも、チーム広島は残念でしたが、勝利は次回のお楽しみ!ということにしたいと思います。まちこさん、チーム広島のみなさん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

 

カーリングの応援について

実は今回応援に行く前に、「カーリングってどうやって応援するんだろうね」という話をしていました。今回はおとなしく戦況を見守るという感じでした。

まちこさんによると、「大きな大会だとショットの後にナイスショットとかだとベルをならしたり」とか団体によってはあるそうです。ショット前だと作戦が聞こえなくなったりすることもあるので、あまり大きな音を出したりしない…ともお聞きして、ゴルフと同じかな?と思いました。

 

ゴルフもショットしてから、カメラ音などもさせるようにしてますね(集中をとぎらせないようにするため)。いずれにしても応援ルールなど気にすることなく、じっと見守ればいいので、初めての方でも安心して会場に足を運んでいただけたらと思いますよ^^。

 

とにかく夏でも寒い!防寒必須!

応援スタイルよりも気にしていかなければならないのは圧倒的に「防寒」でしょう。今回のように真夏であっても、ホールの中は氷の状態に良い温度になっています。つまり寒い!!圧倒的に寒いです。

私は今回そこそこのジャンパーで行きましたが、1試合見終わる頃には膝掛けをしててもこれでは寒いと思いました。ダウンまではいらんだろ…とか思ってましたが、寒さが苦手な人はライトダウンなどくしゅっとして持ち運べるくらいのダウンでもいいのかもしれません。

そこそこのジャンパーの図↑

 

今回会場となった軽井沢アイスパークは、観客用に、おしりマットとブランケットを用意されていましたが、会場によってあるかどうかはわからないのでこれらもある方がいいでしょう。

あと保温性ある水筒にあったかーい飲み物を持って行くのもオススメです。底冷えしないように気をつけてくださいね!

 

軽井沢アイスパーク インフォメーション

軽井沢アイスパークは軽井沢風越公園の中にある、カーリングホールです。西日本出身のわたしからすれば、カーリング専門の施設があるっていうのがすごいなあと思っちゃいます。

バスもあるのですが、結構時間によっては間隔もあくので、できれば車があれば時間気にせず行けると思います。流しのタクシーが基本いないようなので、自分で動けるほうが、帰りは特に安心。

軽井沢駅から、車で20分程度なのでタクシーだと2700円〜程度かかります。人数いればレンタカー検討も◎じゃないでしょうか。

同じ公園内に、「アイスアリーナ」もあるので要注意。カーリングは「アイスパーク」です。

 

ホームページ
http://kazakoshi-park.jp/ice-park/

[レポート&写真:森 友亜(とも・ともとも)

-お知らせ, スポーツ, ニュース
-, ,

Copyright© Smile Links , 2017 All Rights Reserved.